社長のための労働相談マニュアルの使い方

サイトマップ
大分類

社長のための労働相談マニュアルの使い方

このサイトでは、「大分類」「中分類」「小分類」の3つの分類に区分して、人事労務の様々な問題に対する、使用者側の対応方法を解説しています。

まずは、「大分類」からいずれかの項目を選択し、続いて「中分類」を選択し、「小分類」から記事を選択してください。

例えば、「大分類」で「解雇」を選択した場合、「中分類」には「解雇」に関する項目が表示されます。現在表示中の項目はハイライト表示しています。↓

1.大分類を選択

続いて、「中分類」から「解雇予告」を選択すると、「小分類」には「解雇予告」に関する項目が表示されます。現在表示中の項目はハイライト表示しています。↓

2.中分類を選択

「小分類」で「解雇予告手当」を選択すると、「解雇予告手当」に関する記事が表示されます。現在表示中の項目はハイライト表示しています。↓

3.小分類を選択

また、「中分類」「小分類」のメニューは、画面をスクロールしても常に動いて表示されますので、他のページへの移動が便利です。


更に、すべてのページでサイト内全文検索が出来るよう、検索ボックスを設置していますので、任意のキーワードを入力して検索して下さい。検索方法の詳細は「Help」を参照して下さい。↓

4.検索機能

また、検索方法の詳細については、右端の「Help」をクリックして下さい。


人事労務に関する社長の「困った!」を解決します

社長のための労働相談マニュアルでは、企業経営者の人事労務に関する問題点や疑問点などを、使用者側の立場に立って解決致します。

解雇問題、労働時間問題、残業問題、セクハラ問題、精神疾患問題など、中小企業を取り巻く人事労務の問題は、数え上げればきりがありません。

しかし、この経営環境の厳しい時代に、このような労働相談で、経営者の貴重な時間を浪費しているわけにはいきません。

インターネット時代となった今、労働者も様々な情報を容易に入手することができ、そのため問題がこじれると、外部の労働組合(ユニオン)などを巻き込んだ、集団的労使紛争へと発展することもしばしばで、そんなことにでもなれば経営者の貴重な時間はますます浪費されることになってしまいます。

このサイトは、そんな問題山積の中小企業経営者に、問題の早期解決と事前予防策を自ら図っていただくことを目的とした、労働相談マニュアルです。

会社の目的は利益を生み出すこと。利益が上がればトラブルも激減します。

逆に、トラブルがこじれると、社長の時間が奪われ、結果として会社の利益もなくなってしまいます。

中小企業の労務管理では、「発生した問題は、必ず根っこから摘み取っておく」ことがとても重要です。

もし問題解決できない場合は、是非こちらからお問合せいただき、一刻も早い解決を目指してください。


このページのトップへ