主な罰則

サイトマップ
大分類

主な罰則


労働基準法の主な罰則


1年以上10年以下の懲役または20万円以上の300万円以下の罰金


1年以下の懲役または50万円以下の罰金


6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金


30万円以下の罰金


両罰規定(労基法121条)

法違反者が事業の経営担当者その他その事業の労働者の事項に関する事項について、事業主のために行為する全ての者でも利益の最終帰属者である事業主も責任を負うこと。


最低賃金法の主な罰則


50万円以下の罰金


労働安全衛生法の主な罰則


6ヵ月年以下の懲役または50万円以下の罰金


50万円以下の罰金


両罰規定(労働安全衛生法122条)

法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても、罰金刑を科する。


このページのトップへ