セクハラの就業規則例

セクハラの就業規則の作成例

就業規則規定例

第○条 (セクシャルハラスメントの禁止)

従業員は、職場において性的言動を行い、それに対する従業員の対応により、当該従業員に対し、その労働条件に不利益を与えたり、又は当該従業員の就業環境を害してはならない。

2 前項の性的言動ないし類似する形態の行為により、従業員の有する具体的職務遂行能力の発揮を阻害、ないしその恐れを発生させてはならない。

3 会社は、人事・総務責任者をセクシャルハラスメントに関する相談、苦情処理担当者として任命し、職場における性的な言動に起因する問題を管理にあたらせるものとする。

セクハラの規定とともに、懲戒処分に関する条文でも、セクハラ行為で懲戒の対象となるように見直す必要があります。


ページの先頭へ