対象範囲

介護休業の対象となる範囲

  • 配偶者、父母、子
  • 配偶者の父母
  • 同居かつ扶養している祖父母、兄弟姉妹、孫
介護休業の対象となる範囲

同居とは?

対象家族の要件にある「同居」とは、世帯を同じくしている場合のほか、別居していた家族の家に本人が介護のために泊まり込んだり、反対に本人の家に引き取るような場合も含まれます。

したがって、同居が必要条件となっていない配偶者や父母の場合は、これまで遠隔地に住んでいた場合でも、介護休業を取得することができます。

会社は、「本人以外の他の兄弟が介護にあたれる」「本人が要介護者を扶養していない」などの理由で、介護休業の申出を拒否することはできません。

なお、対象家族以外の家族を介護する場合であっても、同様の措置を講ずべきことが、事業主の努力義務とされています。(育児・介護休業法第20条第2項)


ページの先頭へ