職業家庭両立推進者

設置の努力義務がある

事業主は、職業家庭両立推進者を選任するよう努めなければなりません。

推進者の業務は、育児休業等に関する就業規則等の作成・周知、配置その他の雇用管理と職業能力開発、勤務時間短縮措置等の企画などです。

1企業について1人の選任が求められています。


ページの先頭へ