労災給付のフロー


労災が発生してから、その後の状態に応じた労災保険の給付については下図のようになります。

労災保険給付のフロー

死亡の場合

遺族(補償)年金、遺族(補償)一時金、葬祭料(葬祭給付) → 遺族(補償)年金前払一時金等が支給されます。


請求先

事業場を管轄する労働基準監督署


業務上で負傷した場合

  1. 治療先が労災指定病院だった場合
    →治療費の自己負担は生じません(5号様式提出)。
  2. 治療先が労災指定病院以外の場合
    →治療費は従業員が立て替払いします。後日、療養費用の給付を受けます。

定期健康診断等で異常所見があった場合

二次健康診断等給付

事業場が実施する定期健康診断等の結果、業務上の事由による脳血管・心臓疾患に関連する一定の項目(血圧、血糖、血中脂質、肥満)の全てにおいて異常の所見があると認められるとき、給付されます。


退職したとき

労災保険から保険給付を受ける権利は、労働者が退職したり、解雇されたりしても、変更されることはありません。

労災の休業補償が、賃金損失の補償という観点から行われるからです。

例えば、業務上負傷を受け、治癒しないままに任意退職しても、退職前とまったく同様に保険給付が受けられるということになります。


ページの先頭へ