障害者加算

わずかだが、生活のゆとりが

障害者加算は、障害があることによって余計にかかる生活費(障害需要)への補填が目的です。

認定は、1級か2級に該当する障害基礎年金の証書か身体障害者手帳、これらを所有していない場合は主治医などの診断書などによって行われます。

無年金の場合でも、手帳での障害者加算認定が行われることが多くなっています(※年金の認定等級と手帳の認定等級が異なるなど、混乱も見られます)。


ページの先頭へ