年金の種類


年金の種類

現在の年金制度は、国民年金と厚生年金の2本立てになっていて、国民年金からは、すべての国民に共通する基礎年金が支給され、厚生年金からは、原則として、基礎年金に上乗せする報酬比例の年金が支給されるという、いわば二階建てのしくみとなっています。

国民年金は、以下の者は必ず加入しなければなりません。

  1. 20歳以上60歳未満の者
  2. 厚生年金保険の被保険者
  3. 2.の被保険者の被扶養配偶者で20歳以上60歳未満の者

これに対して、厚生年金は民間サラリーマンや公務員等を対象にしています。


年金相談

「ねんきんダイヤル」 tel.0570-05-1165

受付時間は平日8:30~17:15(月曜日は19時まで、第2土曜日は9:30~16:00)


ページの先頭へ