仕事からリタイアしたとき

主な選択肢

単純に考えると次の2つから選択することになります。

  1. 高額の治療費がかかる病気持ちなら任意継続(自己負担3割・傷病手当金もあり)
  2. 健康なら国民健康保険(自己負担3割、傷病手当金なし)

いずれの場合も、保険料額と補償内容との比較考量が必要です。

年金も重要な検討課題

あとちょっと厚生年金に加入すれば、有利な適用が受けられる、といった瀬戸際にあるような場合は、多少無理をしても仕事を続けて、社会保険に継続加入するのも一策かもしれません。


ページの先頭へ