高年齢再就職給付金

高年齢再就職給付金の概要

失業給付を受けたが、給付日数を100日以上残したまま、再就職した方に適用されます。

支給期間は、再就職した日の前日における支給残日数に応じて次のとおりです。

  • 100日・・・1年
  • 200日・・・2年

※ただし、被保険者が65歳に達した場合は、その期間にかかわらず、65歳に達した月までとなります。

受給資格

(1) 60歳以上65歳未満で再雇用された被保険者であって、再雇用される直前の離職時において、被保険者であった期間が通算して5年以上あること。
(2) 求職者給付の基本手当の支給残日数が100日以上あり、60歳時点の賃金に比べて75%未満の賃金で就労していること (上限額あり)。
(3) 安定した職業に就くことにより被保険者となったこと。

支給金額

高年齢雇用継続基本給付金」と同じ。

申請先

事業所を管轄するハローワーク(公共職業安定所)

申請者

60歳に達した被保険者を雇用または雇い入れた事業主


ページの先頭へ