試行雇用奨励金

試しに雇用してみる場合

障害者を雇用するにあたって、その受入れや職場適応等についての事業主の不安感等をなくすため、短期間(原則として3ヶ月間)試行的に雇用してもらう制度。

トライアル雇用をする事業主が、一定の要件を満たせば「試行雇用奨励金」として、雇用障害者1人あたり月額4万円(3ヶ月限度)が支給されます(平成28年度現在)。

なお、試行雇用期間中は雇用率にカウントされません。

詳細は、ハローワークへ


ページの先頭へ