保険料の負担

保険料はどうやって支払うのか

保険料は、被保険者と事業主の両方が負担し、基本的にその割合は折半です。

保険料は、その年度(4月1日~翌年3月31日)に被保険者に支払った賃金の総額に「保険料率」を掛けた額となります。「保険料率」は、事業の種類によって異なります。

なお、短期雇用・日雇労働者でない64歳以上(保険年度の初日である4月1日における年齢)の高年齢労働者の場合、保険料は労使とも免除されます。

あくまでも、その年の4月1日にすでに満64歳になっている人(つまり、誕生日が4月2日の人)ですから、その保険年度の途中で64歳になる人については、その保険年度の終わり(3月31日)までは、毎月の給料から控除しなければなりません。


雇用保険料率

保険料率は原則、9/1000(労働者負担3/1000、事業主負担6/1000)です。

産業別の料率表(平成29年4月)

業種 雇用保険料率合計 事業主負担分 被保険者負担分
一般 9/1,000 6/1,000 3/1,000
農林水産・清酒製造業 11/1,000 7/1,000 4/1,000
建設業 12/1,000 8/1,000 4/1,000

※各保険料率は、賃金総額に対する率をいいます。

関連事項:

雇用保険・社会保険関係手続一覧

失業給付


ページの先頭へ