夫と連動した妻の年金加入

夫の年金種別の変化と連動した妻の年金加入パターン


夫の年金種別の変化と連動した妻の年金加入パターン

国民年金の被保険者種別が変更した場合の対応

  1. 第1号被保険者になったら → 自分で住所地の区・市役所で手続き
  2. 第2号被保険者になったら → 勤務先に手続きしてもらう
  3. 第3号被保険者になったら → 配偶者の勤務先に加入手続きしてもらう

専業主婦の場合でも、配偶者の年金加入によっては自分の加入する年金の種類が異なってきます。

特に、配偶者が第2号(サラリーマン)から第1号(自営)に変更した場合は、自分で手続きしなくてはならないので要注意です。

また、パートタイム労働者が退職して、配偶者の被扶養者になった場合などに、第2号→第3号被保険者への変更手続きをしないでいると、将来、無年金になってしまうことがあります。

国民年金加入が義務づけられているにもかかわらず、そのまま放置しておくと、年金受給に必要な期間が足りなくなったり、年金額が減ったり、障害時の保障が受けられなくなったりします。

第3号から1号への変更手続きは「被保険者種別変更届」によって行います。


失業給付受給時の注意

配偶者の年収が130万円を超える見込みの場合、被扶養者になれないので第3号被保険者として認められません。したがって、第1号被保険者になります。

失業給付の受給中も第3号被保険者になれるのは、失業給付に基本手当の日額が約3,611円以下であることが目安です。

ほとんどの場合、基本手当の額はそれを上回るので、失業給付の受給期間中は大半の人が第1号被保険者になります。

関連事項:遺族になったとき


離婚したとき

第3号期間の分割

2004年の法改正後で、第3号被保険者期間については、離婚した場合、配偶者の厚生年金(保険料納付記録)の2分の1を分割できることになりました。

年金額そのものの分割

配偶者の同意または裁判所の決定があれば、婚姻期間中の合計額の半分を上限として、分割できることとなりました。


ページの先頭へ