障害年金

傷病が治らなかった場合の年金

初診日から1年6ヶ月経過しても治癒しない場合は障害年金の申請ができます。

またすでに1年6ヶ月以上が経過している方も申請可能です。

年金額は症状により年金額が違います。

また、初診日に国民年金加入者か厚生年金加入者かにより年金額が違います。

場合により障害手当金といい、厚生年金保険独自の給付で年金では無く一時金が支給される場合もあります。

障害基礎年金の支給対象
障害等級 1級 2級
障害厚生年金の支給対象
障害等級 1級 2級 3級

受給要件

障害厚生年金の受給要件は以下のとおりです。

  1. 障害の原因となった傷病の初診日において、被保険者である
  2. 障害認定日において、障害等級の1級から3級の障害の状態にある
  3. 障害年金の保険料納付要件を満たしている(滞納がないなど)

支給額

等級 計算式 最低保障
1級 (報酬比例部分×1.25)+配偶者加給年金 300ヶ月分
2級 報酬比例部分+配偶者加給年金 300ヶ月分
3級 報酬比例部分 年585,100円
一時金 報酬比例部分×2 1,170,200円

平成28年度


ページの先頭へ