失効年休積立制度

時効になる年休を積み立てて活用

年休は、権利発生後2年間に使用しないと無効となります。

この年休を積立、後日、一定の事由が生じた場合に利用させるのが、この制度です。

この制度を実施するときは次の点を明確にしておきます。

年間積立日数

年間10日とか15日までなど、上限を設けておく方がいいでしょう。

総積立日数

上限を設けないと何日でも積み立てられるという安易な方向に流されますので、総日数の上限を60日とか90日とかに定めておく方が現実的です。

使用目的

この制度は、時効となる年休を例外的に取り扱うという制度ですから、一定の目的に限定して使用させるのが妥当でしょう。

使用目的としては、次のものが考えられます。

  • 私傷病のための休養
  • 家族の介護
  • 育児(育児休業法の範囲を超える育児)
  • 自己啓発のための活動
  • 社会奉仕活動、ボランティア活動
  • 定年後の再就職や独立自営のための準備

ページの先頭へ